推拿(スイナ)

◇◆おかもと式・推拿手技療法◆◇
 
 

    
  
   
推拿(スイナ)とは、中国医学理論による100種類以上の手技のひとつであり
   
「推(スイ)」は、”押す”「拿(ナ)」は、”つかむ”とか”持つ”という意味があります。
 
   
経絡とツボを効果的に刺激しながら、痛みを取ると同時に内臓の働きも調節し生理機能を回復させます。
 
   
体の外に与えられた心地よい刺激が、経絡という道を通って内臓器官にまで伝わり、自己の治癒力を呼び覚まします。
   
   
当治療院では、スイナ療法とリンパ手技療法をミックスし、独WELEDA(ウェレダ)社製の各種オーガニックハーブオイルを使用したオリジナル手技療法を行っております
    
   
【推拿のおもな効能】
 
・コリや痛みの解消
・内臓機能の調整
・生理機能の回復
   
背中:血行を促進し、リンパの流れを改善して新陳代謝を高めます
全身:全身の筋疲労を回復し、深いリラックスを得ながら老廃物の排出を促進します