鍼灸治療

    
 
 
 
鍼灸治療は、文字通り鍼(はり)と灸(きゅう)で治療を行います。
  
  
その効果には
  
・痛みを取り
・血行を促進し
・免疫力を増強する
  
ことが知られています。
   
 
そのため、現在不調をお持ちの方は、薬のような副作用を心配することなく体質を改善したり、
  
疲労や肩こりなどでは、ツボを直接刺激するので、按摩やマッサージよりも深いレベルでの改善と治癒が期待できます。
  
  
また、鍼灸医学は、病気になってから治すのではなく、病気になるのを防ぐ「未病治」という予防医学的な優れた本質をもっています。
  
  
これは本来、私たちが日々快適だと感じる健やかな身体に対して
  
「病気になってから症状を治す」
「症状が出たので病院へ行く」
  
というような、これまでの医療から
  
        ⬇︎⬇︎⬇︎
  
【病気を未然に防ぐ】
【健康を促進する】
  
といった、【人の心身を癒し活かす医療】へと 総合的な視野で進化していく方向性に向かって、
  
鍼灸治療は歴史が深く伝統的でありながらも、新しい医療として、世界的に注目されているものです。
   
   
具体的には、  
  
私たちは日常生活の中で、忙しかったり人工的な環境が多く、さまざまなストレス等により、筋・骨格系に緊張によるこりなどのひずみが生じることがあります。
  
そして もし、そのひずみをそのままにしておくと、
  
体内の機関に機能障害が起こり、さらに器質的変化へと進むことがあります。
  
こうして器質的な変化により症状が表れてから、病気を治そうとすると体力や気力にも負担がかかることになります。
   
   
鍼灸は、このような不調に至ることを未然に防いで、健康を創造してゆくことが可能です。
   
   
当院の鍼灸治療では、患者さんの精神的な面にも考慮しながら、その人に最も相応しい施術を行っております。
  
体表に現れるひずみを精細に観察し、その状態や個人の体質に合わせた適切な鍼灸刺激を与えて、病気を治療してゆきます。
  
   
   
鍼灸治療がはじめての方は、こちらもご覧ください。