鍼灸治療

 
 
 
鍼灸治療は、文字通り鍼(はり)と灸(きゅう)で治療を行い、その効果には痛みを取り、血行を促進し、免疫力を増強することが知られています。
 
たとえば、現在不調をお持ちの方は、薬のような副作用を心配することなく、あるいは、疲労や肩こりなどでは、ツボを直接刺激するので、按摩やマッサージよりも深いレベルでの改善と治癒が期待できます。
 
また、鍼灸医学は、病気になってから治すのではなく病気になるのを防ぐ「未病治」という予防医学の点で優れた本質をもっています。
 
私たちが快適だと感じる健やかな身体に対して、これまでは、病気になってから病気を治す、という意識が大きかったのではないでしょうか。『病気を治す』というこれまでの医療から、『人を癒す』医療へと総合的な視野で進化している現在、鍼灸治療は、歴史が深く伝統的でありながらも、新しい医療として、注目されています。
 
私たちは日常生活の中で、忙しかったり人工的な環境が多く、さまざまなストレス等により、筋・骨格系にひずみが生じることがあります。もし、そのひずみをそのままにしておくと、内部の機関に機能障害が起こり、さらに器質的変化へと進むことがあります。そうなってから病気を治そうとすると大変な努力を必要とします。鍼灸は、このプロセスを未然に防いで、健康を創造します。
 
当院の鍼灸治療では、患者さんの精神的な面を考慮しながら、その人に最も相応しい治療を行っております。体表に現れるひずみを精細に観察し、ひずみの状態やその人の体質に合わせた適切な鍼灸刺激を与えて、病気を治療してゆきます。
 
はじめての方は、こちらもご覧ください。